キルモアインターナショナルスクール The Kilmore International School
オーストラリアビクトリア州メルボルン近郊にあるTKISに通う学生の日記です。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金の日記
kimu3.jpg
★当ブログに掲載されている写真と文を無断転用しないで下さい★

先日TKISでの初めての後輩である尊臣さんの誕生日パーティーをした。彼の友人総勢20人でドッキリをする事になった。尊臣さんに気付かれないように細心の注意を払って準備を進める事を決めたので、皆が必死で彼の前で小芝居をするのが可愛らしく思えた。

私は大人数で遊んだり行動する事が昔から苦手だ。中学校に入学してから集団生活にある程度慣れたが、好んで集団で行動する事はなかった。友達と遊ぶ時は3-4人程度が普通で部活仲間と一緒にいる時もせいぜい7-8人だった。そんな時私はあまり自己を表現する事をせずにいた。集団の中にいる事はできたのだが、心を許す事はほんの一部の人達にしかできなかった。

尊臣さんはTKISに入学してまだ日が浅いのにも関わらず大勢の生徒達に慕われている。先輩としても友人としても嬉しく思う。留学生が全員知っているお姉さんがいる事もあるが、本人の人柄が良い事が一番の大きな理由であろう。彼は言いたい物事をハッキリと相手に伝える事ができる強い意志を持っている。私の中で欠けている部分を彼が持っているので羨ましいと思う事がある。

社会に出ると、好むと好まざるとに関わらず不特定多数の他人と付き合わなければならなくなる。その際に自分の思いや考えをハッキリと口にする事は大切だと思う。性格を変える事は簡単ではないが、足らない部分を尊臣さんから吸収して行きたいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。