キルモアインターナショナルスクール The Kilmore International School
オーストラリアビクトリア州メルボルン近郊にあるTKISに通う学生の日記です。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尊臣の日記
takaomi3.jpg
★当ブログに掲載されている写真と文を無断転用しないで下さい★

冬休みになって最初の1週間を殆ど家で過ごした。留学する前の学校の友達と会おうと思っていたが、学期試験の前だったので会うことができなかったからだ。その為毎日TKISの友達と携帯電話を使って文字通り筆談をした。オーストラリアでも日本でもない第3国にいるのに、まるで学期中で相手が目の前にいるような錯覚がした。ターム2の最後は試験勉強で忙しくてあまり普段通りの話ができなかったのでちょうど良かった。英語を母国語としない友達なので、多少のスペルミス等全く気にせずに筆談のやり取りができる。お互い様だからだ。この気軽さが結果として英語が上達する大きな原動力になっている。TKISは留学生が半数いるのと、オージーでも全ての生徒が第2言語を勉強しなければいけない。彼等はその苦労と難しさを知っているから留学生が英語でコミュニケーションをとる時に留意してくれるので助かっている。周りに外国語を勉強しない、英語を母国語とする生徒ばかりいる学校だと彼等のスピードに萎縮してしまい英語を使うタイミングさえも取れなくなるだろうと思う。他の学校から新しく来た先生方も同じような事を授業中に言っていた。異なるアクセントを使う人達の英語に柔軟に対応して上手に会話ができるようにする為に、語彙力を増やすのを学期休み中の目標にした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。