キルモアインターナショナルスクール The Kilmore International School
オーストラリアビクトリア州メルボルン近郊にあるTKISに通う学生の日記です。
≪08月   2017年09月   10月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小川の日記
ogawa3_convert_20140716203845.jpg
★当ブログに掲載されている写真と文を無断転用しないで下さい★

オーストラリアに来て半年が経った。学校の友達は冬休みになりそれぞれの国に帰ったが、私はメルボルンでホームステイをする事にした。日本語が一切使えないので英語をもっと上達させる事が出来るのと、寮での生活とは違った経験ができると思ったので一時帰国をしない事に決めた。3週間を2つのホストファミリーと過ごし、残りの1週間は家族にメルボルンに来てもらい一緒に過ごす事になった。メルボルンの東にあるダンデノン付近にステイしている。

もう冬休みの半分が過ぎたが、今までのホームステイの中で1番印象に残っているのは、晴れの日に行ったパッフィン・ビリーだ。名前は現存するイギリス最古の機関車に由来し、ダンデノン・ヒルを走る有名な蒸気機関車だ。私は機関車に乗った経験がなかったので、とても楽しかった。座席に座ったのは最初だけで他の多くの乗客がしたように窓枠に座った。日本ではしてはいけない事を大人も自然にしているのでそれがとても不思議に思えた。また、学期中には遠くて行けない貯水池や山奥等に行けるので、ぜひ残りの日々も大切にしたい。沢山の思い出を作ってキルモアに帰るつもりだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。