キルモアインターナショナルスクール The Kilmore International School
オーストラリアビクトリア州メルボルン近郊にあるTKISに通う学生の日記です。
≪10月   2017年11月   12月≫
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
尊臣の日記
takao3.jpg
★当ブログに掲載されている写真と文を無断転用しないで下さい★

ターム3からアーチャーさんが顧問をしているCASアクティビティーに参加している。面白くて楽しいのだが、毎週月曜日の放課後の1時間しか場所や機材等を確保できないのが残念だ。私以外に17人の生徒が参加している。

ビクトリア州のレスキュー隊や消防隊の活動内容について毎週実技を含めた講義を受ける。このCASプログラムに参加した理由は、今年の初めに人生で初めて山火事を経験したからだ。約15キロ離れた、キルモアから南南西の地域で山火事が発生したので、念の為数日間キルモアにある全ての学校が休校になった。見た事のないような色の空や風に乗って流れて来た焦げ臭い匂いを忘れる事はないだろう。

休校している間寮生が学校でのんびり自習課題に取り組んでいた時に必死になって消火活動に取り組んでいたスタッフがTKISにいると知ったのはつい最近だった。他の寮生に声をかけてプログラムに必要な最小人数を集めてアーチャーさんにお願いしに行った。

彼が教えてくれる物事はテレビや新聞では知りようのない、厳しい現場での話が圧倒的に多い。また、違う種類の消防車をわざわざ学校に運転して来てくれてそれらの構造や装備を1つ1つ説明しながら私達に見せて触らせてくれる。まるで動く消防博物館のようだ。日本の学校でも何度か避難訓練等で消防車を見る機会はあったが、実技の時に現役の消防車の装備を自分達だけで使ったり運転席や荷台に上がってベンチシートに座ったり出来るのは非常に貴重な経験だと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。